FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

京都スィーツレッスンのご報告

京都スィーツレッスン 素晴らしい完成度!
クリスマス2018① (360x640)

日本糖質制限医療推進協会 主催の低糖質スィーツ教室
昨日京都にて、年内最終レッスンが行われました。
テーマは「クリスマスケーキ」
昨年は「おひとり様 クリスマスケーキ」でしたが
今年は華やかなパーティー、お祝い事などにも生かせる
デコレーションケーキをご紹介。

ご参加の皆様からは、その完成度の高さとお味に感動の声、
コメントもたくさんいただきました。

食べごたえのあるスポンジ でありながらも
ふぁふぁ感も保ち、
低糖質特有のどっしり重たいスポンジ感がない・・・
大豆粉使用の生地(スポンジ)特有の、つまった感・・・がない
上質のスポンジです。

さらにクリームは
本格的な「クレーム・ムスリーヌ」をご紹介
カスタードクリームからの応用展開でもあります。
基本の低糖質カスタードクリームに、バターのコクと
キルュシュの香りを加え
贅沢な味と香りを楽しめる、
極上のクリーム。

季節はまだ早いのですが、イチゴでクリスマス向けに仕上げました。
カットした断面の美しさにも惚れ惚れ・・・
クリスマス2018 (640x360)

年末年始のイベントに、
家族に、そして大切な方に・・・
きっと喜んでいただける低糖質デコレーションケーキ

京都レッスン ご参加の皆様
平日の開催にもかかわらずご参加くださいまして
ありがとうございました。

素敵なクリスマスになりますように・・・
(きっとなりますね・・・)

[ 2018/10/30 06:35 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)

新商品のご案内 その2

ポン酢で煮るだけ (360x640)
お写真は「鶏肉の甘酢煮」
鶏肉のさっぱり煮 として広く知られているメニュー
ポン酢で煮る簡単なメニューとして人気です。

ポンス酢は醤油よりも塩分が少ないからいい・・・とか
酢が入っているから体にいい・・・などで、
1回あたりの使用量が多くなりがち。
糖質量が気になるところです。

ポン酢くらいは普通のもので・・・
という方も多いようですが、例えば鍋物を食べるときには、
何度もポン酢を追加しながら食べているかと思います。
さて、あなたのポン酢からの糖質摂取量は・・・?

大さじ1杯あたりのポン酢の糖質量は1.5g前後
大さじ1杯 2杯 3杯・・・
塩分摂取も気になります。
(一般的なポン酢の塩分量 大さじ1杯で塩分1g)

お写真の「鶏肉の甘酢煮」は、
先日ご紹介した日の出みりんの仲間
日の出糖質オフ (640x360)

日の出 低糖、減塩のポン酢
日の出 ①糖質0酒 ②みりん ③ポン酢 (日の出 シリーズ・・・?としましょう)
あとはお水を加えて、コトコト20分煮たものです。
いいお味です。

美味しい低糖版の「鶏肉の甘酢煮」
1本2・3・4・5本と、またたく間に無くなりました。
大容量(大きなパック)の手羽元を購入して、
大鍋で煮て、我が家の作り置きおかずへ「仲間入り」です。
冷凍もできるので、あと1品欲しい時、
お弁当にも使えておススメ!
もも肉、胸肉に変えたり、豚肉の塊でも美味しい煮豚に。
次回はゆで卵を加えて、味付け卵にして盛り合わせようと思います。
彩にブロッコリー、青梗菜などを添えて、
メインにもなるおかずです。

来月の我が家で開く
恒例のホームパーティー(ただの大宴会ですが・・・)に向けて
今から作って冷凍です。

低糖ポン酢 安心していただける貴重な調味料として、
我が家のキッチンでもマストアイティムです。
 

我が家のおでん

韓国風おでん
我が家の「おでん」 です。
日に日に気温が下がり、煮込み料理がおいしい季節です。
前々からお伝えしていますが、おでんの注意点
練り物を控えること
一般的な「おでんだね」に頼らず、
このような材料構成で作ります。
お味は和風、ピリ辛韓国風 などで楽しんでいます。
食材の中心は大豆製品と卵、タコや牛スジ、塊肉・・・
これに、結び白滝、こんにゃく、昆布、大根、
最後に青梗菜やブロッコリーも彩かつ緑野菜強化!として
加えています。
韓国風おでん②
牛スジ、塊肉は圧力なべ を活用すると、
時短で美味しくできます。
我が家でも、これからの季節は「圧力鍋」の登場回数が急増します。
お持ちの方は、是非活用してくださいね。

使える!作り置き

作り置き (360x640)
お写真は、中華レッスンでご紹介した「麻婆豆腐」の肉みそ です。
我が家の定番の作り置きものです。
常に冷凍してストックしています。
19時過ぎに帰宅する生活なので、仕込みは欠かせません。
土日は仕込みの日 です。

1回分の仕込みに使う挽肉は400g
にんにく、生姜、ねぎのみじん切り
豆板醤他味付け調味料は、麻婆豆腐のレシピと同じで分量を増やします。
(肉の量に合わせて調味料の割合を増やします)
麻婆豆腐 → 麻婆なす → 麻婆ピーマン → 麻婆ズッキーニ → 麻婆胡瓜
 → 麻婆きのこ →麻婆オクラ → 麻婆大根 → 麻婆白菜 → 麻婆キャベツ
→ 麻婆チンゲン菜 → 麻婆厚揚げ もありました。
このように無限大で展開できる、麻婆豆腐の肉みそ
これからの季節には、坦々鍋のベースに、
そして、糖質0g麺で作る担々麺 への応用も

季節の野菜や低糖質の食材と組み合わせて、
レタスやサラダ菜などで包んで食べるのが定番。
夏には大量の胡瓜やピーマン、ズッキーニ 
秋、冬には大量の大根や白菜をいただくので、
糖質量を考えながらですが、家族が好きなこともあり「麻婆メニュー」
我が家の定番です。

中華レッスン ご参加の皆様、
アレンジ麻婆 是非チャレンジを!

新商品のご案内

新商品 (360x640)
もうご存知の方も多いかと思いますが、
お写真のみりん
「低糖質のみりん」として販売されています。

みりんは液体甘味料に変えていた・・・という方が多いかと思いますが、
みりんには本来、砂糖(甘味料)では得られない様々な効果があります。

繊細な和食には、なくてはならない調味料の「みりん」
和食においては定番の調味料のひとつ・・・ではありますが
意外と知られていない、きちんと理解されていない ものでもあります。

みりんの本来の役割を理解し、上手に使えるようになると、
糖質オフでも美味しい和食ができるかも・・・

みりんの役割 ちょっとお勉強です。
*自然な甘味を出す
みりんは砂糖の甘さとは違う、自然の甘さ と表現されます。
砂糖の主成分はショ糖ですが、
みりんは発酵されているため
多種類(9種類以上の)糖分を含み、風味豊かな甘味なのです。
*煮崩れを防いで、肉や魚の臭みを消す効果も。
これは、みりんに含まれているアルコールにより 
*照り を出す。
材料の表面にできる皮膜(照り) 
これこそみりんで得られるツヤ・・・
低糖質のみりんには果たしてこの照りはつくのでしょうか・・・?

本来のみりんにはこのような効果がありますが、お写真の低糖質みりんは・・・?
今後のテスト試作で、いろいろなお料理に使ってみます。
糖質0 (360x640)

では具体的な使い方の基本ルールは・・・?
ただ加えればいい・・・というものではありません。
他の調味料との兼ね合い が重要です。
またどんな料理に使うのか・・・?なども

*基本は砂糖(甘味料と)とみりんをどちらも使う ことで、
美味しさが引き立ちます。
甘味料だけだと、強い甘さ(角が出てしまう)に。
みりんだけだと甘さに欠ける・・・というお味に。
個々の好みではありますが、両方を程よく合わせることがポイントです。
加える順番は砂糖(甘味料)が先で後からみりんです。
みりんは「煮しめる」という働きがあるので。
味付けの醤油や塩など塩味のものは後半に加えます。

加熱しないおかず 
酢の物、あえもの、つゆやたれ にする場合などは「煮切り」をします。

煮魚を作る場合には、甘味料、みりん、醤油などを煮立てたうえで
魚を入れます。魚は水から煮ては× 臭みが出て、煮崩れします。

ざっくりと、学生時代の記憶を思い出して、
「調理学」の講義で聞いたことなどをあげてみました。

お写真の低糖質みりんとの出会いで
今まで敬遠していた和食のおかずにチャレンジ中!
日本のお惣菜の代表・・・おからやひじきの煮物など・・・
テスト試作を続けています。
手間ひまかかる和・惣菜、
時短、簡単、作り置きレシピにして、皆さんが活用できるように仕上げていきます。