FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

低糖和菓子 よもぎ餅

KIMG2197.jpg

お写真は低糖質の和菓子 よもぎ餅 
のつもりで作ったもの・・・

毎年春になると「よもぎ」 の 濃い緑に引き付けられます(なぜか・・・)
で、毎年作ろうと 思って、思って、思いながらも作れないで
夏や秋ごろに作ったり・・・

でも、今年は5月に作ることができて、自己満足 しています。
こちらを使えば、年中作れますが・・・
KIMG2199.jpg


材料は基本の餅生地に「よもぎ」を5~10g程度加えて作ります。
我が家ではたっぷり加えます。

水分はお湯と豆乳(1:1)
水分を一気に加えて泡だて器で混ぜます。(ここ重要!)

我が家のレシピですが参考になさってください。

材料 (約4個分)
おからP(粒子の細かいタイプ 微粉) 20g
サイリウムオオバコパウダー 10g
ラカントS顆粒 大さじ2杯 26g(お好みで調整してください)
よもぎパウダー 5~10g
水分 お湯100~125ml / 豆乳 100~125ml
(お湯と豆乳は予め混ぜておきます)

餡:黒豆とごま(黒すりごま)の餡 適宜
→ 作り方は「おきかえレシピ」P.89でご紹介している
「どら焼きの餡」 になります。

作り方 
① 餅生地の材料に水分を加えて混ぜ、30分~1時間程度おきます。
② 餅生地40~50g程度をラップに上に広げる。
(常に手に水をつけて作ると餅生地が扱いやすいです)
③ 餡は20~30gの餡玉にして②にのせて包み込みます。
ラップで茶巾風に形を整えて出来上がり。
*①の餅生地材料を混ぜた後、レンジアップする必要はありません。
  レンジにかけるとより弾力のある生地になります。お好みで・・・

我が家では上記の倍量作って半分は冷凍保存しています。
黒豆の餡も、掲載レシピの ×5 ぐらいで
いつも作り置きして冷凍しています。
ゆで黒豆 を使うと便利ですが、乾燥黒豆で作ることもあります。

ご紹介の「よもぎ餅」は
餡も包み込んで完成した状態で1個1個冷凍保存しています。

和菓子っぽいものをいただきたいときに、
とっても便利です。
お好みで きな粉 や お写真の「だべる大豆粉」(→ ほぼほぼ きな粉 です)
などをかけて、お好みのお茶と一緒にどうぞ・・・
KIMG2198.jpg


梅雨時のおうち時間、
こんな 和菓子づくり
いかがでしょうか? 
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する