FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

低糖・桜餅

桜餅① (360x640)
桜が満開になってきました。
お写真は、低糖質 な 桜餅
今年もこの季節になりました。

餡は低糖質な「水煮大豆」で作った 大豆餡
甘みは個々に調整しながら、お好みの甘さにしてください。

小豆の餡っぽくしたい方は、
黒大豆と黒ごまの餡 ⇒ おきかえレシピ、どら焼きのレシピを参考にしてください。

餅生地は、いつものあの生地で。
おからパウダー と サイリウム(オオバコパウダー)
ちょっとピンクにお色を付けて・・・

桜葉(桜の葉の塩漬け)もこの季節は買いやすいかと思います。
あの香りが楽しみたくて、
やっぱり、この時期には作りたくなる「桜餅」
多めに作って冷凍保存も◎ (食べるときには自然解凍で)
私の自信作でもあります。

レシピをお持ちの方、
復習も兼ねて、作ってみませんか・・・
桜餅② (360x640)


スポンサーサイト



簡単・魚おかず

KIMG2111.jpg
低糖質 で 簡単 な 魚おかず 
の紹介です。

なかなか魚料理のレパートリーが増えなくて 
こんなお悩み相談をよくうけます。

また、魚は食べているけど、
干物 ばかり(塩分とりすぎ!)
刺し身 は時々

こんな方、多いようです。

いつもスーパーに出ている ブリ。
養殖が主になっており、年中脂ののったブリをいただけるようになりました。

我が家も頻繁にブリを食べています。
この冬は、週一(週に一回)
ブリしゃぶ の生活。
ブリのかま焼き は週ニ かな。

そして最近のブリは、
お写真のメニューに。
「ブリのバルサミコ酢ソテー」

ちょっと洋風の魚レシピに。
糖質が多めのバルサミコ酢 を、
あるもので代用して、
糖質オフのバルサミコ酢風・合わせ調味料を作ってみました。

ソテーした魚に、このバルサミコ酢をかけて少し煮詰めてOK
KIMG2106.jpg

何も技術はいりません。
焼いてかけるだけ の簡単魚レシピです。
KIMG2108.jpg


何度も試作テストを繰り返して、
調味料のお味の調整をしています。
KIMG2109.jpg

美味しく仕上がったら、
ご紹介させて頂きますね!

クッキーな日々

KIMG2100.jpg

KIMG2090 (1)
お写真は「低糖質クッキー」
江部先生のブログ でもご紹介いただいておりますが、
ご覧になりましたか?
https://youtu.be/YDzzlsIJ-jE

昨年秋から始めております、
パティスリー ロア・レギューム
小寺オーナーのスィーツ動画配信 です。

今回で4回目
ちょっと自信作!サクサクの仕上がりになりました。

毎回撮影するスィーツレシピをブラッシュアップ。
何度も試作テストを繰り返し、より美味しく、作りやすく改良しています。
KIMG2091.jpg

なので、ず〜っと紹介スィーツを作り続けて我が家の冷蔵庫は、
とんでもないことになっています。

この一ヶ月は、何種類ものクッキーが冷蔵庫に。

ベースのプレーンクッキーの生地が出来るまでの長い道のり。
6パターン(6種)が候補に上がり、
この中から一つを選び、
さらにバリエーションとして、
ごまクッキー、
ココア、抹茶、紅茶への応用展開へ。

どれも、サクサクの仕上がり!
材料もいたってシンプル。
大豆粉、アーモンドパウダー,
バター、豆乳、甘味料 ですから一般的なスーパーで揃います。
KIMG2105.jpg



作り置きスィーツとして、
KIMG2089 (1)

贈り物として・・・
KIMG2088.jpg

自粛時間を有効活用 チャレンジしてみませんか?

卵 と チーズ

KIMG2083.jpg
お写真は我が家のモーニング定番メニュー
ポパイ・エッグ・・・? 的なもの
別名 巣ごもり卵 ともいえるかな?

ほうれん草 と きのこ をバターで炒めて
フライパンの中央に丸くよせて、
土手を作り卵を割り入れる 。
次に、チーズをたっぷりのせて蒸らして出来上がり!
所要時間3分 の スピードおかず です。

糖質制限も 歴 が長くなると
豆腐も 飽きた
卵も飽きた 食べたくない
チーズも飽きた いつもあるけど減らない・・・

こんな言葉をよく聞きます。
おかずのマンネリ化
逆に凝りすぎて、難しい料理ばかり作ろうとしている方も・・・

糖質を控えながら、
効率よくタンパク質食品 と 緑野菜、良質の油脂を摂取することが重要です。
特に
高齢期の方 年々食が細くなり「低栄養」となってしまいます。

栄養密度の高い食生活を継続するためにも
いっしょに摂る → 「卵 と チーズ」 
「肉 と 卵」 で卵とじ
「切り身魚 と チーズ」 でチーズ焼き
このようにして考えていくと、レシピって、無限大 です。

いつも冷蔵庫にある 糖質0gの卵とチーズ 
365日 上手に活用していますか?

こちらもおススメ
我が家の先日のランチ
定番の 「低糖ガレット」
KIMG2096.jpg
生地に卵1個使用
さらにこの生地で 卵 と チキン(自家製サラダチキン) とチーズ を包み込んでいます。

そして
KIMG2093.jpg
オリーブオイルで焼いたら、
最後のフィニッシュ は バター

この最後のバター で(バターの香りと濃くで)
至福のランチタイム となります → 我が家では・・・






低糖チョコスィーツ  その2

前回のブログでご紹介した、
無糖ココア や 無糖チョコ(カカオマス) について
何件か、お問い合わせをいただきましたので、
お写真を再度、アップさせていただきます。

まずは無糖のココアパウダー
KIMG2084.jpg
糖質も一般的なものと比べると少ないようです。
KIMG2085.jpg
我が家ではドリンクと飲むことはないのですが、
チョコスィーツに幅広く活用しています。

こちらのカカオマスは最近取り寄せたもの。
KIMG2086.jpg
糖質的にも◎
KIMG2087.jpg

酸味が強いカカオマス です。
カカオ は 果実 ということを再認識できる
すっごく濃~い カカオマスです。
こちらは一粒つまんで、おやつにしたり
スィーツに活用しています。


安心な環境下で栽培された「オーガニック食材」を選択する方が増えています。
我が家でも、年々(歳を重ねるごとに・・・)
口にするものを慎重に選択するようになりました。

特に調味料
塩や胡椒、
酢 や 醤油 といった基本調味料は妥協せずに選んでいます。

皆さんもできる範囲で 「いいもの」 を選んでくださいね。