FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

低糖質で年末準備

KIMG0336 (1) (1) (360x640)
昨日で年内の仕事を終えて、本日から年末年始のお休みに入る方も多いと思います。
私も、せっせっと早朝から大掃除開始。
同時におせちの準備も・・・。

メンバーの皆様、
おさらいも兼ねて、頑張って作りましょう。

そして、こちらの商品は早めにご購入、準備をしてくださいね。
私も昨日数件のお店をまわって、ようやくゲットできました。
KIMG2014 (360x640)
紀文食品さんの「低糖質蒲鉾」
ピンクのものは買わない我が家も、これだけは買います。

冷凍できるおせちから早速仕込んで、(⇒多めに作って作り置きにも)
年明けの食事やお弁当おかずにも活用しましょう。

低糖おせちで、美味しいお正月、
血糖値が乱れやすい時期だからこそ、
できる限り、手をかけていきたいものです。

頑張りましょう!

スポンサーサイト



こだわりの「いいおだし」

KIMG2009 (360x640)
本日は「いいお出し」の話題です。
だし にもいろいろありますが、
我が家ではず~っと定番のだしの材料
お写真は「音戸煮干し」

続いて
KIMG2010 (360x640)
昆布はこちらの利尻昆布

次は
KIMG2011 (360x640)
大分産の「どんこ」

最後は
KIMG2012 (360x640)
令和の時代に「かつお節」を削っている・・・なんて
すごく地味 ですよね。

でもこれらの材料で「いいおだし」をとると、
味付けは、ほんの少しの「いいお塩」のみで。

糖質制限食はおかず中心に食べる食事法です。
食べ方が偏ると、味付けもつい濃くなりがち・・・
その高塩分食の継続で、将来的に血管や臓器が傷んでしまうことのないように。

いいおだし
濃くてしっかりとした「だし」をとることで
今までのおかずも一段と美味しくなります。
そして、よけいな調味料、調味料の無駄使い も無くなります。
さらに添加物も避けられることに繋がります。

「だし」をとって・・・なんて手間ひまかかる という方が多いかと思いますが、
年末、おせち準備を前に
今回は「いいだし」での「低糖おせち」
チャレンジしてみませんか?




低糖質な冬のランチセット

KIMG2004 (360x640)
お写真は我が家の教授のランチ(お弁当)
この秋から我が家も サーモス(THERMOS)デビュー いたしまして
お弁当はず~っとこのようなセットです。

使用しているのはサーモススープジャー 
ステンレス製真空断熱構造で高い保温力があります。
付属品のポーチ、スプーンとお箸のセットもケース付きで
とても使いやすいです。

いつのまにかサーモスの大・中・小 と全シリーズが揃ってしまい
おかずのボリュームに合わせてサイズ(容量)を変えながら使用しています。

お弁当を作るのが早朝5時半らか6時
お弁当を食べる12時以降でもサーモスの中のおかずは
ほっかほか・・・・
寒い季節のランチでも◎

今日のおかずは「低糖チキンカレー」
我が家の教授の好みで
ほぼ5割はカレーでしょうか?
チキンカレー
ラムカレー
ポークカレー
ビーフカレー
ビーンズカレー(大豆と挽肉)

カレーばかりでも・・・と
ミネストローネ
ビーフシチュー
ビーフストロガノフ(ハッシュドビーフ っぽいかな)
和ものも時々 具沢山豚汁 や 変わり種おでん
中華風のスープ煮 など
メニューは多種多様

そしてこれさえあれば
KIMG1990 (360x640)
低糖ブランのロールパン(丸パン バンズタイプ)
週に1度まとめて焼いています。

ハンバーグを挟んでハンバーガーにしたり
チキンをサンドしたり
おかずに合わせて、いかようにでも食べ方を変えられます。 
KIMG2005 (1) (360x640)
毎日2個持参しています。

この他にタッパーにおかず数種
前日の残りおかず や 作り置きおかず

ブロッコリーのツナマヨかけ とか 
以前ご紹介したブロッコリーとエビのタルタル
茹で卵やチーズなど

そしてなぜか必ず持参しているのが
KIMG2006 (360x640)
食後のお楽しみスィーツ
ここ一ヶ月私はプリン地獄 な生活でして
低糖プリンの完成度アップ、
クオリティの高い「本格カスタードプリン」のテスト の日々
で、冷蔵庫の中はプリン プリン プリンでいっぱい
厚手のアルミカップで作れば
お弁当にも◎ 蓋つきなのでさらに◎◎
そしてお決まりの「低糖チョコシルアルバー」 も
なんて食いしん坊なの~ と思われた方も多いことでしょう。

話題がそれましたが
お弁当組の皆さん
毎日、お弁当のおかずを考えるのも大変ですよね。
それも低糖質で となるとさらに大変
サーモス 我が家では大活躍しています。
まだの方、この冬のお弁当にいかがでしょうか?



低糖白和え

KIMG1997 (360x640)
お写真は、我が家の「白和え」
以前も和のおかずの話題でご紹介していますが、
最近頻繁に作るようになり、
ちょっと自慢の一品になりました。

ほんのり甘口な和のおかず・・・
手間はかかりますが、美味しさも◎
我が家の教授からも高得点の完成度になりました。

我が家の白和えは、まずいろいろな材料を下ごしらえして
味をつけ
KIMG2003 (360x640)
和え衣の1/3量ぐらいで和え、
KIMG1993 (1) (360x640)
このくらいでもいただけるのですが、
さらに和え衣を上にのせる・・・
このような盛り付けにしています。

和え衣の全量で合えてしまうと、後で水っぽくなってしまったり、
味がボケてしまったり・・・

なので、我が家では かる~く和え衣で和えて、
お味は、個々の好みで調整できるように仕上げています。

基本は
数種類の材料で作る「五目白和え」ですが
夏場は
KIMG1918 (1) (360x640)
我が家のゴーヤで。(ゴーヤのみ)
茹でたブロッコリーのみの白和えもおススメです。

糖質の少ない緑の葉物、冬野菜
きのこやひじき、肉厚の油揚げ・・・
ちょこっと余った材料も活用できるおかずです。

ペースト状にした豆腐に
たっぷりのすりごま + 練りごま + 無糖ピーナッツバター(加えることで濃厚感がアップ)
甘味料、極少量のお塩(⇒ いいお塩で)味付け 
ごまやピーナッツバターの油脂効果で、栄養の吸収効率も上がります。


我が家の白和え 手間ひまかけても食べたくなるおかず・・・です。