FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

カーリーケール・・・?

KIMG1998 (360x640)
お写真はサラダ用のケール
カリーノケール
KIMG1999 (640x360)
青汁・・・のイメージが強いケールですが、
どんどん改良されて、食べやすい新種のケールが登場しています。

以前「アレッタ」というお野菜をご紹介しましたが、
アレッタもケール × ブロッコリー というお野菜

糖質制限的には、緑野菜の選択肢が増えて
嬉しいことです。

で、どんなサラダがおススメか・・・?
こちらのお写真
KIMG2000 (1) (640x360)
葉を摘まんで食べやすい大きさにちぎり、
ゆで卵、ベーコン、サラダチキン、エビ、チーズなどのたんぱく源を加え、
アボカドもプラスして、
お好みのドレッシングでいただきます。
素敵なサラダの出来上がり!

ケール = 青汁 = クセが強く苦みも・・・
私もこのような記憶でしたが、
こちらのケール、
苦み、エグミ などがほとんどなく、葉も柔らかいため
生食、サラダ用として美味しくいただけます。
葉の厚みは一般的なレタス系よりも少し厚いようです。
細かく縮れているのでドレッシングとの絡みがよく、混ぜながら食べると◎

気になる栄養価は・・・?
βカロテン・ルテイン・ビタミンK・ビタミンB群・C・E
マグネシウム・カルシウム などがバランスよく含まれており、
一つの食材から効率のよい栄養摂取が期待できます。
強い抗酸化作用があるとも言われており、
まさにスーパーフード。

サラダ以外にも、さっと炒めて、茹でても◎
オイルを加えて上手に栄養摂取をしてください。

日に日に冷え込んできました。
引き続き感染対策を万全に、
そして、日々、栄養価の高い食事で
常に高い免疫力を維持しながらお過ごしください。


スポンサーサイト



マドレーヌな日々 その4

マドレーヌな日々 最終回は
KIMG1965 (360x640)
この美しい「緑」にうっとり・・・
抹茶のマドレーヌ です。

基本のマドレーヌレシピに
抹茶を5g加えました。
KIMG1970 (360x640)
紅茶(茶葉)
ショコラ(無糖ココアパウダー)
と同様に、基本のプレーンマドレーヌレシピに混ぜて焼くだけ。

抹茶は使用した抹茶により(メーカーの違いなどにより)
焼き上がりの色が落ちてしまい、深緑のような色合いになってしまう場合もあります。
(特に焼き菓子に使用した場合)

今回使用した抹茶は特に高級抹茶 ではありません。
ごく普通のスーパーのお茶売り場で販売されている
大手お茶メーカーの抹茶で、手ごろな価格のものです。
焼き上がりの色がとても美しく、香りも味も◎
抹茶感が十分楽しめます。

KIMG1969 (360x640)

今回ご紹介したマドレーヌ、いかがでしたでしょうか?
デイリーな低糖焼き菓子
決して華やかさはないけど、いつの時代にも愛されている「マドレーヌ」
シンプルな材料で
単純な調理工程で出来ることも魅力のひとつ・・・
「365日の作り置きスィーツ」 として
早速焼いてみませんか?

KIMG1972 (360x640)

KIMG1984 (360x640)


マドレーヌな日々 その3

KIMG1964 (360x640)
お写真は低糖マドレーヌ・ショコラ
アレンジマドレーヌ3種の中で一番いい焼き上がり!でした。

基本のマドレーヌレシピに無糖ココアパウダーを10g加えました。
生地に油脂分(バターと太白ごま油)がしっかり加えられていますから、
焼き上がりもパサパさ感なし
しっとりとした焼き上がり です。

KIMG1963 (360x640)
シャル型などで焼く場合は、
必ず型にバターを塗って事前準備をしておくこと。
ここでのバターは溶かしバターではなく、
かたまりの状態のバターを指を使って型に塗る ⇒ ここ重要
焼きあがってからの型外しが楽できれいにできます。

KIMG1962 (360x640) (2)
アルミカップに流し込んで焼くものおススメです。
いろいろな型を使って焼いてみてください。

次回は低糖チョコを溶かして、生地に加えて
ちょっとリッチなショコラマドレーヌに挑戦したいと思います。

マドレーヌな日々 その2

KIMG1972 (360x640)
先日ご紹介した「低糖マドレーヌ」
アレンジ版 3種 のお写真です。

この3種について
たくさんの方々から、作り方にポイントなどについて
問い合わせのご連絡をいただきました。
マドレーヌ好きな方が多いのですね・・・

では、紅茶から
KIMG1959 (360x640)
紅茶の香りを残して焼き上げる・・・
とても難しい。のです。
アールグレイが一番焼き菓子などには向いていると言われ
焼きあがってからの香りの残る・・・と言われていますが、
茶葉をたくさん入れると生地がパサパサになる。
いかに香りの残る茶葉を選ぶか・・・?
今回はこの点を重視していろいろなメーカーの紅茶を試してみました。
そして、今までは製菓用の茶葉(アールグレイ)を使用していましたが
今回は、普通の紅茶、ティーパックのものを使ってみました。
そして、このティーパックの茶葉を袋から出して
すり鉢で軽くすりおろして粉類に混ぜて焼いてみました。
(袋から出してそのまま加えても大丈夫ですが)

KIMG1956 (360x640)
焼き時間は15~18分
皆さんのお宅のオーブンの環境で多少の違いがあるかと思いますが
170℃ 15分~ で様子を見てください。
ティーパックは2個分を使用

まずは皆さんのお宅にある紅茶(種類は何でもいいので)で試してみて、
アールグレイ でも焼いてみてください。
KIMG1957 (360x640)

基本的な低糖マドレーヌのレシピは、
小寺オーナーのスィーツ本を参考になさってください。

次回はショコラ をご紹介。

こだわりの卵

KIMG1942 (360x640)
お写真は我が家の「たまご たっぷりサンド」
朝食によく作ります。
そして、我が家の卵はこちらの
KIMG1941 (360x640)
平飼い卵
一般的なゲージ飼いの鶏ではなく
鶏本来の生体に合わせた飼育方法で育てた、
いわば元気で健康的な鶏の卵
レッスンでも、卵に関するお勉強を何度かしてきました。

卵は糖質制限食の中心的な食材 でもあります。
毎日、ほぼ毎食、たくさん 食べるものだから
手ごろなお値段のものを選択する・・・?
もありです。が
平飼い卵には、何だか「力」を感じます。

まだまだ多い、卵 敬遠派
「卵は1日1個まで」 の時代は終わりました。
卵ほど栄養価が高く、使いやすい低糖質食材はありません。
和、洋、中 どんなジャンルのお料理にも
合わせやすく、組み入れやすい・・・
いかようにも形態が変えられることも魅力です。

卵 上手に活用していますか?
糖質0 の卵 は皆さんの強い味方 です。

個々の好みに合わせて
マイ・ベスト卵レシピ 作ってみましょう!

KIMG1951 (360x640)
我が家の卵サンド
自家製ブランパン ふわふわのパンです。
卵のフィリングは
1人分 
刻んだゆで卵2個分 + マヨネーズ + マスタード

マドレーヌな日々・・・?

KIMG1972 (360x640)
お写真は「低糖マドレーヌ・アレンジ版」
紅茶・抹茶・ショコラの3種
1個分の糖質は1.5~1.8gぐらい。
バターたっぷり・・・極上のマドレーヌ
低糖質? とは思えないほどしっとりとした
違和感のない食感です。

ここ数週間、どっぷりマドレーヌに埋もれているような感覚で、
我が家中、バターの香り。
冷蔵庫の中もアレンジ版マドレーヌでいっぱいです。

紅茶葉や抹茶を加えると、生地がつまってしまい、
かたく、パサパサした低糖スィーツによくある食感になってしまいますが、
お写真のマドレーヌは◎

どれをいただいてもしっとり美味しくできました!

だけどこちら
KIMG1984 (360x640)
プレーンのバニラマドレーヌ
バニラビーンズのいい香りはやっぱりNO.1 でしょうか?
こちらも、もちろん 極上のしっとり感です。

夏場はオーブン焼きのスィーツをお休みしていましたが、
秋~再開
ケーキにクッキー 作る気 満々!

焼き菓子の基本
シンプルかつ単純な工程で作りやすいマドレーヌ
皆さんも、焼いてみませんか?

お家でデパ地下・デリ・・・その2

KIMG1950 (360x640)
お写真は夏からず~っと作り続けている
我が家の「タコマリ」・・・?

デパ地下・デリ でよく見かける
「タコのマリネサラダ」
前回ご紹介したデリサラダの「ブロッコリーとエビのタルタル」も人気ですが、
こちらのマリネサラダも人気です。

一般的なものは
タコと胡瓜、たっぷりの玉ねぎやトマト のようですので
ちょいと低糖食材を選択して
KIMG1946 (360x640)
我が家では
たっぷりのセロリ
彩りも考えて、少量のラディッシュやパプリカをスライスして加えます。

ドレッシングは自家製レモンドレシング
KIMG1949 (360x640)
調味料は妥協せず納得のいくものを選んでください。
いいオイルと、いいお塩、いいお酢とレモン汁
これからは国産レモンが出回りますから
次回はレモンのスライス少量加えて作ろうと思います。

簡単すぎる我が家のレシピですが
参考になさってください。

作りやすい1回分の材料
*タコ 100g
*胡瓜 100g(大1本) → スライス
*セロリ 100g → 筋を引いてスライス
*ラディッシュ 2~3個 → スライス

<レモンドレッシング>
オリーブ油 大さじ4
酢 大さじ2
レモン汁 大さじ2
甘味料(液体ラカント) 大さじ2
塩 3.0g(小さじ1/2)

作り方
①野菜を切りキッチンペーパーで水分をよく吸い取る。 → ここ重要
②タコを好みの暑さに切る。
③ドレッシングと①②を混ぜ合わせる。
*混ぜ合わせてから数時間冷蔵庫で冷やしていただくと、
お野菜もしんなりして、味がなじんで◎
*酸味(酢とレモン汁の分量など)は個々の好みで調整なさって下さい。

今年は本当に「タコ」をはじめ貝類など
タウリン食材 食べまくり・・・かしら?

今夜は「牡蠣鍋」 「ブリしゃぶ」・・・?
迷ってます。

アレッタ・・・?

KIMG1929 (360x640)
お写真は「アレッタ」という野菜
ご存知でしたか?

数年前から名前だけは聞いていましたが、
なかなか市場に出ないようで、一般的なスーパーでは購入できませんでした。
が、
先日、行きつけのお店で発見!
早速試してみました。

アレッタ → ブロッコリー × ケール
野菜の中でもスーパーフードと評価されている2種のかけ合わせ
ケールの青くささ も気にならず、
茹でて(お浸し)、さっと煮込んでも(スープ系)、炒めても◎
お鍋にも加えてみました。
KIMG1936 (360x640)
誕生したのは三重県らしいのですが、
関東では群馬県で栽培されているようです。
購入したものも群馬産のものでした。

栄養価を調べていくと
素晴らしいお野菜 まさに「スーパーベジ」 ということがわかります。
カロテン、ビタミンKはブロッコリーの約3倍

続きましてはこちら
KIMG1947 (360x640)
おかひじき ではなくて 「オカワカメ」
緑のカーテンとしてゴーヤのように栽培もできると聞いていましたが、
珍しく販売されていたので、こちらも早速購入。
さっと茹でていただきました。
海藻類のような ぬめり は少しありますが、
不思議な食感 シャキシャキ感 もあり
何だかこの歯ごたえがクセになりそうで、我が家では高評価でした。

豊富な葉酸やミネラルを含んでおり、
こちらも非常に高い栄養価の野菜です。
(薬草的存在として、中国から伝わったものらしい)

新たな「緑野菜」の発見で
糖質制限食がますますバラエティー豊かになるような・・・
作る楽しみがまた増えました。

皆さんも新種のお野菜など「発見」した時には
是非、手に取って
チャレンジクッキング! です。