FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

あの胡瓜は・・・?

あの胡瓜は・・・?
KIMG1778 (360x640)

お写真の「ジャンボな胡瓜」
畑の中で収穫されずに忘れ去られた胡瓜
そのまま自然に放置・・・
菜園で作っている方は、経験があるかもしれませんね。

私もこんなに大きな胡瓜は食べたことがありませんでしたが、
驚きの活用法があり、いただいた巨大胡瓜4本
全て食べてしまいました。
おススメの食べ方
*皮をむいて縦半分に切り、種を取り厚めに切る。 ⇒ 煮込み料理
とうがんの煮物っぽい仕上がりです。
厚みを調整して炒め物にも向いています。
KIMG1782 (1) (1) (360x640)

お写真は
鶏手羽元・椎茸・エリンギ・セロリなどと
巨大胡瓜をカレースープ風にしたもの。
煮崩れないように胡瓜は皮をむいて、
そのまま厚めに切って煮込んでみました。

この他ににんにく・生姜も入っています。
クミン・コリアンダー・ターメリックなどカレーに必要なスパイス。
いいお塩を加えてコトコト煮込んで出来上がり。

この他に、豚肉(ブロック肉を角切りにして)でも。
八角を加えて中華風の煮ものも美味しくできました。

炒め物は薄めに(斜め)切って。
イカとセロリで中華風の炒め物に。こちらも◎

ジャンボ胡瓜との出会い・・・新しい発見がいっぱい でした。


ちなみに数年前、きゅうりは世界一栄養のない野菜・・・
といった情報が話題となりましたが、
そんなことはありません。

豊富なカリウムは利尿、むくみ防止、ナトリウムの排泄にも◎
香味成分「ピランジン」は血液凝固の抑制 なども

生で冷やしてサラダや浅漬け、酢の物、ピクルス・・・
今年の夏は、煮物や炒め物にも

スーパーや八百屋さんで、
太っちょの曲がり胡瓜なども見かけるかと思います。

ご興味ある方・・・是非チャレンジを!


スポンサーサイト



低糖ピクルス

KIMG1743 (1) (360x640)
蒸し蒸しと梅雨らしい日が続いております。
お写真は、これからの季節にオススメのピクルス

低糖質の甘酢を作り、好みの野菜と漬け込むだけ。
冷たくてシャキシャキ・・・
さっぱりしていて、こちらも我が家の夏の定番
残ったつけ汁も有効活用。

日糖医協の会員の方には、
栄養士便り(コラム、レシピ)
として配信されていますので、ご覧になっているかと。

詳しいレシピ、工程のお写真などもクックパッドでご紹介しています。
早速作ってみてください。

https://cookpad.com/recipe/6305410

和でもおススメ!

KIMG1777 (360x640)

久しぶりの登場です。
チーズインバーグ 
大葉たっぷりの和風バーグ
大葉 と チーズ
合わないわけがない!

パテは鳥挽肉と豚挽肉、
豆腐も加えてボリュームアップ。

昨年のクリスマスレッスンでご紹介したチーズインバーグと作り方の工程は同じ。

一つのパテに大葉10枚は刻んで入ってます。
KIMG1775 (360x640)

センターのフィリング
チーズソースはもちろん
あの極秘のテクニックで!
完璧な仕上がりです。

ソースはいりません。
大葉の香り、チーズソースの濃くで美味しくいただけます。

お時間のある時に是非一度
和のチーズインバーグ
チャレンジしてみてください。

夏の定番・・・?

KIMG1774 (1) (360x640)

梅雨とは言え猛烈な暑さが続いております。
これからは曇っていても、蒸し暑い日が増えていきます。
そんな季節には、まずこの一品から
お写真は、昨年の夏の会で好評でした
「梅キュー」
我が家の食卓にも毎晩登場しています。
冷た~く冷やした胡瓜 に 梅マヨささみ を はさむだけ。
コツは
胡瓜をしっかり冷やす。(我が家では大量に仕込んでおきます)

作り方のおさらいです。

①きゅうりに塩を振り、板ずりする。
②①を6~8等分に切り、切り込みを入れる。ぎりぎりのところまで。
ここで切り落とさないように。⇒ ここ重要。
この胡瓜をしっかり冷やす。
できれば一晩。
③梅マヨささみ を作る。(作り置きが便利)
梅肉、茹でたささみ(胸肉でもOK)さいて、マヨネーズ、カツオぶしと合える。
それぞれの量はお好みで。
④冷えた胡瓜に③をはさんで出来上がり!
パリッとした胡瓜の歯ごたえ 最高!
梅の酸味で食欲不振の方にもオススメ!
KIMG1773 (360x640)

なぜか毎晩食べたくなる、
我が家の梅キュー です。

そして、本日は勤務先のスタッフさんからジャンボ胡瓜を頂きました、
得大サイズの胡瓜です。
KIMG1778 (360x640)

さてさて、何にしようか?

いろいろなレシピが浮かんでます。
こちらのレシピは、後日に。

スーパーフード

スーパーフード① (360x640)

ここ数日気温が急上昇
加えて高湿度
驚異的な蒸し暑さです。
夏に向かって、今からバテてはいけません。
今年は
ウイルス対策 + 熱中症対策
今からしっかり栄養強化で、
「ウイルスと暑さに負けない体づくり」
をしていきましょう。

お写真は「サチャインチナッツ」
ご存知ですか・・・?
聞きなれない名前かと思います。
グリーンナッツ 
インカインチオイル 
として知っている方もいらっしゃる かと思います。

非常に栄養価が高く優れたもの
食べるサプリ とも言われているここ数年注目されているものです。

昨年はブラジルナッツに凝りました・・・
今年はこれかな~(我が家的には)

お味は、いろいろなナッツが混ざったような・・・
評価もいろいろですが、お写真のものは美味しくいただいております。
お値段は少々高めです。

油脂は液体から摂るのではなく、
そのものから(そもそも含まれてる原形、素材から)
摂ることを習慣にしているので、
ナッツ選びは妥協しません。

国産で摂れるものは国産で(くるみやごま、えごまなど)
ナッツ類はどうしても輸入品が主になりがちなので、
原産国、メーカー、
食べてみての鮮度(なんとなくなのですが湿り気を感じるナッツもあるので)
こだわってしまいます。

ナッツは油脂分が多い食品ですから、保存も冷蔵庫。
小袋で購入(割高でも)
⇒油脂の酸化防止のため
⇒ 酸化油脂の摂取は控えたほうが得策!



ナッツ好きの私は年中新たなナッツの登場に期待して、
お店をチェックしています。

最寄り駅のビルに
 「成〇石〇」さん 「カ〇〇ィ」の店舗ができたこともあり、
仕事帰りはお店めぐりをする楽しみが増えました。

ご紹介のナッツはこのような成分

スーパーフード② (360x640)
糖質は低め、
オメガ3が豊富、たんぱく質も比較的多い。
スーパーフード③ (360x640)

ここでおさらいですが、
オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)とは・・・?
体の中では作り出せない必須脂肪酸、
不足している・・・と指摘されている種類の油脂です。

魚嫌い、魚のおかずが少ない・・・
こんな方は注意です。

コロナ対策の中でもオメガ3の摂取が推奨されています。
今までも様々な健康効果が注目されてきましたが、
免疫強化作用にも・・・
とは言え・・・摂り過ぎはいけません。
ここも重要。

こちらのナッツでの適正摂取量は15粒程度。
これで1日に必要とされているオメガ3を摂取できるようです。
スーパーフード④ (360x640)

他のナッツと比べてみると
100g当たりでの比較
*サチャインチナッツに含まれているオメガ3 ⇒23g
*くるみ         〃             ⇒ 8.9g
*アーモンド       〃            ⇒ 0.03g
*ピーナッツ       〃            ⇒ 0.01g
という数字のようです。

食べる量を守ってが・・・
スーパーフードのルール。
過剰症も無視できません。


こちらのアーモンドは、ちょっと不思議な食感・・・?
発芽アーモンド (360x640)

お酢で加工され(独自製法)、ギャバを増やしているらしいのですが、
糖質が多くなっているものではありませんので、時々購入しています。

新しいものを見つけると何でも一度は試す。
(もちろんハイカーボのものは買いません)

コロナ対策もまた新たなステージへ・・・
と感じています。
ウイルスとの共存、共生時代
いかに自衛、防衛していくか・・・
ここでのキーがやはり
個々においての衛生習慣と免疫力 かと感じております。

メンバーの皆様
質の高い食生活を心がけてください。


大葉でジェノベーゼ その2

洋風白和え (360x640)
大葉で作るジェノバソース
早速作りました!
のレポメールをたくさんいただきました。
皆様、ありがとうございます。

大葉もバジルも育てている方が多いことに驚きました。
そして、バジルは活用しているけど、
大葉は・・・なんだが生かされてい悲しい現状も知りました。
今年は無駄なく活用しましょう!

我が家では収穫してはご紹介のジェノバソースを作り、
1回分60gぐらいにして、冷凍保存。
ご紹介したレシピですと3回分(60g×3回分)くらいできますので。

お写真はこちらを活用した 洋風の白和え
レシピ名は、ブロッコリーのジェノベーゼ・・・?
とでもしましょうか?

材料は、大葉のジェノベーゼ 60g/絹豆腐ミニ150g/野菜やきのこ類
作り方
① ボウルに豆腐を入れて泡だて器でひたすら混ぜてクリーム状にする。
② ①に大葉のジェノベーゼ60gを加えてさらに混ぜる。
③ ブロッコリー、アスパラ、しめじ など
茹でるか、レンチンして冷まし、水分を吸い取り ⇒ ここ重要
②と和える。

ブロッコリーの楽しみ方・・・また一つ増えました。
⇒我が家では。
茹でたチキン、ポークソテー、淡白な魚との相性も◎

本日の外来でメンバーの○○さんにご紹介したところ、
早速作ります!と
作る気満々のご様子でした。

この暑さで、食欲低下 ⇒ 低栄養
これからの梅雨のジメジメで食欲低下 ⇒ 低栄養
こうなってはいけません。
コロナ対策で学んでいただいたように、低栄養を回避するためにも
しっかりたんぱく + 良質な油脂 + 緑野菜 
そして海藻類 もお忘れなく
加えて十分な水分摂取。

引き続き頑張りましょう!


大葉でジェノベーゼ

大葉① (360x640)
我が家の庭ですくすくと、育って育って・・・
育ち過ぎた大葉。
今年も豊作で、2週間前あたりからどんどん葉をつけ大きく広がり、
青しそドレッシング、しそ巻き、サンドイッチにも・・・
と使いまくってもまだまだある。
小さな喜びを感じております。

お写真は、大葉でジェノバソース。
大葉50g/好みのナッツ類40g/粉チーズ30g/
オリーブ油100g/おろしにんにく小さじ1杯/塩小さじ1杯
材料をFPにかけるだけ。
濃いめに作って、さらに様々な食材、レシピに使っています。

ナッツは、松の実が無かったのでカシュナッツとクルミで作りました。
ミックスナッツでもOKです。

この日は、絹豆腐と合わせてクリーミーなソースに。
大葉② (360x640)

糖質0g麺((丸麺)と合わせてパスタ風。
茹で野菜につけたり、かけたり。
カリカリに焼いた低糖パンにつけたり。
蒸したチキン(茹で鶏)を裂いてこのソースで和えれば、素敵なオードブルに。
大葉?と思うくらいバジルになってしまう・・・不思議なソース。
我が家のバジルが育つまで、大葉が大活躍してくれるでしょう。

「刺身のつま」という存在の大葉ですが、
実はすごい野菜(緑黄色野菜)
*βカロテンはトップクラス、
ウイルス対策、粘膜強化のためにも欠かせない成分
*独特の香りは、ポリフェノール(精油成分:ペリルアルデヒド)
*豊富なビタミン、ミネラル

市販のバジルソースもたくさんありますが、
たとえ、糖質が少なくても
油脂の種類が気になります。
安価なリノール酸使用のものが多いため、
どうも、手がでません。
大葉③ (360x640)


手作りすれば、100%オリーブ油で作れます。
何より安心・・・です。
油脂はアボカドオイルやMCTなどを使用することもあります。

大葉がお買い得な時には大量買いして、
是非作ってみてください。

感想レポなどお待ちしています。

低糖和菓子

低糖きな粉菓子① (360x640)
お写真は、低糖和菓子
アバウトに糖質の少ないものを混ぜて丸めてみました。
材料は
おからP・すりごま・きな粉・甘味料
オイルはココナッツオイル(においの少ないタイプ)
豆乳

きな粉好きな我が家の教授のおやつとして、
すごく適当な感覚で作りました。
丸めてそのままいただけます。 ⇒ きな粉棒の団子版?
オーブンで焼いてみると、○○○ボーロ っぽい仕上がりです。
(170℃ 15分焼き)
低糖きな粉菓子② (360x640)

以前も「低糖きな粉棒風」のお菓子をご紹介しました。
きな粉の大量使いは糖質が増えるので、
糖質の少ない大豆粉を煎って、きな粉を作り、
甘みをつけたものでした。
今回は、大豆粉をおからP(微粉)におきかえて、
きな粉づくりの工程をスキップ。
材料を混ぜて丸めて出来上がり!
和菓子好きの方 いかがでしょうか?
低糖和菓子 (360x640)
こちらは、粉糖タイプの甘味料ときな粉を混ぜて、
まぶしてみました。


微粉タイプのおからPが増えてきて、
お店でも以前からあるおからP と微粉タイプと2種並べて販売しているようです。
用途に合わせて上手に使い分けをしてみてください。


和菓子といえば、毎年、年に一度は・・・
春の和菓子、今年も作りました。
低糖・グルテンフリーの桜餅
桜餅① (360x640)

今頃の登場で季節外れ・・・ですよね。
「桜の葉の塩漬け」は」年中販売されています。
一袋購入すると20枚くらい入っていますので、
気合を入れて作って、冷凍保存もしました。
桜餅② (360x640)

5月には、「低糖よもぎ餅」を作ろう! ⇒ 今年こそは 
と思って材料は買っていたのですが・・・?
あらあら6月になってしまいました。
夏になる前にはチャレンジしようと。

なかなか出ない(市販品)低糖和菓子
だったら作ろう・・・です。