FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

第5回 スィーツの会 ご報告

2月7日・11日の二日間にわたり、
ローカーボクラブ恒例、「スィーツの会」を開催致しました。
テーマは、2月といえば・・・いくつになっても、男子も女子も気になるイベント
「バレンタイン」 です。
今となっては、ローカーボクラブ専属スィーツ店(勝手に思い込んでるだけです。)
埼玉県朝霞市の人気スィーツ店 ロア・レギュームさんのお店で。
小さいお店ですが、喫茶スペースがあり、ステキな空間で、ステキなひと時を過ごしました。
お店
お店に入ると、若いスタッフの
「いらっしゃいませ!!」の元気な声。
いつ行っても、何度行っても、本当に気持ちのいい対応をして下さいます。
「若いのに、本当に感心・・・。」うん、もう母親目線です。

では、早速美味しく味わった
「バレンタイン・チョコスィーツ」の数々をご紹介致します。
①ローカーボ・生チョコ 3種
コーヒー・ラズベリー・紅茶 の3種をいただきました。
生チョコ3種
オーナーが厳選して選んだカカオで作られた生チョコ
濃厚なカカオの味や香りも楽しみながら、一粒ずつ、ゆっくりお口の中で溶かしながら・・・
いただきました。
中でも、ラズベリーの生チョコは、女性の好みにバッチリ合う酸味が大好評でした。
メンバーのNさんから、
「高級感のあるチョコって、ほんの少しの量でも、満足できるんですね~・・・。」
このコメントに、みんなが、うんうん・・・無言で食べてる。

②お一人様ローカーボショートケーキ・ショコラ
お一人様ローカーボショート・ショコラ
カカオの効いたチョコクリーム
一口いただくと、ちょっと甘さが軽いかな~
と思いながら、スポンジケーキと一緒にいただくと、ちょうどよい甘さになる!!
1個食べるにちょうどよい甘さとして、絶妙に計算されているんです。
イチゴの赤、チョコの黒
何とも可愛らしいデコレーションですが、大人のケーキ。
皆さん、あっという間に食べてしまいました。
試食中

ローカーボクラブのレッスンに通うようになって、お友達も増えました。
毎月開催している「料理教室」にはない、また違った楽しい時間です。
アンケート記入

ただ食べるだけではありません。
毎回のことですが、必ず「アンケート」を取り、オーナーに食べてみての感想、今後の要望など
お伝えしています。

松岡先生ファミリー
こちらのお写真、朝霞市にある「松岡眼科」院長 松岡雅美先生
お嬢様と姪子様を誘って、ご参加下さいました。
松岡先生は、ロア・レギュームさんでのローカーボスィーツ産みの親
松岡先生のお声掛け、ご尽力がなければ、こんな幸せな思い・・・できませんでした。
「松岡先生、ありがとうございます。」感謝・感謝!!です。

さて、後半戦。次に登場のスィーツ、今回の一番人気。参加者、全員感動した
 ③リンゴのタルト
リンゴのタルト①
チョコスィーツが続くと真っ黒・・・いや、まっ茶色のお菓子ばかりになってしまう・・・
ここで、オーナー考えました。
冬らしい暖かみのあるイメージを残しつつ、でも真冬でも食べたいアイスクリーム。
こんなスィーツ大好き女子の欲望を満たして下さいました。(オーナー偉い!!)
リンゴのタルト
まずは、サクサクのタルト生地が下層部分
その上に、焼きリンゴが。
甘酸っぱくて・・・も~たまらん・・・。
さらに、その上から濃厚なバニラアイスが・・・。
温かいリンゴの上に、冷たいアイス
このバランスが★★★(星3つ!!)
も~あまりにも美味しいくて、全員倒れました。(嘘です。)

このあたりで、皆様、満足・満足の表情
参加者一人一人から、糖質制限体験談などお話しいただき、
いろいろな情報も交換できて、有意義な会が進行中です。
松岡先生
糖質制限で12kgいや13kgだったかお痩せになった松岡先生からも
いろいろなアドバイスをいただきました。
最近、またスリムになられた秘訣(ストレッチや運動)のお話も。
参加者、目を輝かせながら聞き入っておりました。

さて、会もラストステージへ
でも、まだあるスィーツ
ハートチョコとダコワーズ
④「ハートの板チョコ」
オーンーからの「愛」この一言です。
だれも袋から出しません。空けられません。
もったいなくて・・・・。
中身は、こんな感じ。ここでまたもや感動(涙・・・涙・・・)
ハートの板チョコ
いろいろなナッツをちりばめて、空けるのも食べるのも・・・むったいないよ~。

⑤ダコワーズ・ショコラ
ダコワーズ・ショコラ
いよいよ最後のスィーツがこちら。
夏に開催した会で、好評だった「ダコワーズ」
今回は、カカオクリームのショコラを作っていただきました。
お土産には、オレンジクリームをサンドしたものをご用意いただきました。

⑥お土産焼き菓子4種
お土産焼き菓子4種
*ダコワーズ(オレンジクリーム)
*フィナンシェ・ショコラ
*サブレショコラ
*ごまクッキー

ハーブティーを飲みながら、ローカーボスィーツの数々をたっぷりいただきました。
それぞれのスィーツのカロリー・糖質量は、私がきちんと計算済み。
安心して、お召し上がりいただきました。

7日・11日と2回とも「大雪」を逃れ、寒いけれど冬晴れの日でした。
新しい仲間もできて、有意義なひと時でしたね。

今回も、神奈川、千葉、都内と遠くから、お時間をかけてご参加いただきました。
ありがとうございました。
次回も、楽しんでいただけるようにオーナーと思案中です。
ご期待ください。


スポンサーサイト
[ 2014/02/22 16:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ローカーボクラブ 1月教室のご報告

ローカーボクラブ 2014 もスタートしました。
1月教室のご報告です。
季節に合わせた煮込み、鍋ものメニューなど
体も、心も温まるメニューの数々、
まずは、実習で作った、全メニューのお写真からど~ぞご覧ください。
全メニュー

 まずはメインのメニュー 「煮込み部門」
おでん煮込み中

グツグツ煮込んでいます。
「韓国風おでん」のお写真です。 
おでんと言えば、練り物のオンパレード・・・が一般的。
竹輪、さつま揚げ、はんぺん・・・と食べていると糖質量があっという間に30gに。
根菜類の摂り過ぎにも注意が必要です。
ということで、いつもの和風味のおでんを韓国風に。
煮込む食材も、低糖質で食べごたえがあるものを、考えてみました。
ベースの味は、中華風のだし、豆板醤、テンメンジャン、味噌
なじみのある、調味料です。
味噌、テンメンジャンも糖質量を確認しながら、使いました。
1時間煮込み、1時間冷ます。
冷ますことより、一段と味がしみ込みます。
実習時間は限られていますので、
段取りよく仕込み → 煮込み → 冷まし
で、う~ん、煮込まれた味に完成。
一晩置けばもっと美味しくなりますが・・・十分御満足の様子でした。
「タコ」のやわらかさに、メンバーのKさんが感動!
おでん

残りのおでんの汁(煮汁)も無駄にはしません。
美味しいだしが詰まった煮汁です。
「糖質0めん」をさっと煮て、
え~、タンタン麺・・・みたいな中華味の麺に変身で
満足・・・満足・・・うんうん。
こんな感じです。
コリアン糖質0めん


続きまして「鍋部門①」
ゆず鍋
ゆず鍋

鍋もので一番登場回数が多い食材が「タラ」と「豆腐」ではないでしょうか?
いつもの食材で、ワンランクアッフの鍋に。
チキン風味の洋風だしとスルメ(おつまみ用)が味のポイント
これだけで、上品なベースの鍋の素の完成。
白菜も葉の部分を中心に、糖質量の少ない部位を使うことも(食べることも)
秘策として、覚えておきましょう。
きのこ類やワカメ、ねぎも葉ねぎを使えば糖質量が低く、おさえられます。
仕上げは、「ゆず」
皮の部分をおろして、鍋全体に散らします。
う~ん、ゆずの香りに包まれて、何とも言えない「なごみ・癒し」の時間
ゆずは上品で、高貴な香りを楽しませてくれます。
皮をおろしたら、果汁も絞って、ほんの少しかけていたいただきました。
ビタミンCも摂れて、ゆず1個を無駄なく使えますね。
皆様のお宅の「ゆず」眠っていませんか?

続いての「鍋部門②」
お写真を見て、「なにこれ・・・?」と思われるでしょう。
メレンゲ鍋

今年人気の鍋です。メレンゲ鍋
ふわふわとした、メレンゲをいただきまがら、
下には豆乳汁で美味しく味の付いた、きのこ類や野菜
メレンゲをのせる前がこんな感じです。
メレンゲ鍋の中

ベースの汁は
無調整豆乳にかつおだしと塩 のみ
これで十分美味しくいただけます。
さっと煮て食べられる食材、みず菜、えのきだけ、少量の人参
人参もたっぷりと使えば糖質量が増えてしまいます。
ピラーで薄く剥いて。
この上に、卵白を泡立ててのせる → 少しだけ加熱でふわ~っと盛り上がるメレンゲに歓声が!
でも、ここでも秘策が。
卵白を泡立てる時に(   )と(   )をほんの少し入れること。
これでバッチリ!!
失敗なく誰でも出来る「お店のメレンゲ鍋」
メンバーの方々から、
「はまっています、3日連続、家族にも大好評!」とか
「今夜も作ります。明日も作るでしょう・・・」とか
この冬大ヒットのメニューになりました。

 これだけでは終わらない・・・。
じつは、この鍋を作る前に、こんな「お遊び」もしました。
お写真を見て、何を作っているのでしょうか?
湯葉作り

メレンゲ鍋を作る前、お鍋に豆乳を入れて、手作り「湯葉作り」に挑戦。
温度(火力)に気をつけて、ここでの必須アイティムが ●●●
夏によく使う、あれ です。
超~楽しい湯葉作りです。
出来たて、生湯葉・・・・なんて贅沢
一人ひとりすくって出来たてを「ペロリッ・・・」
湯葉試食

どんどんいきます。
冬野菜の活用術 「小松菜のシャキシャキ漬け」
「え~小松菜の漬けもの・・・?」とメンバーの顔色が・・・。
アクの少ない小松菜は、生でも美味しく食べられます。
茎のシャキシャキが癖になる食感に。
シンプルな味付けですが、こんな一品があると、
箸やすめにも。
糖質の少ない緑の葉野菜料理として、おススメです。
シャキシャキのポイントは
「葉」「茎」とを分けてさっとレンジ加熱。
こうして作ると、一夜漬けでバッチグ~のかんたん漬けものに。
小松菜

やっと最終ラウンド「スィーツ部門」
最近、和菓子系に挑戦しております、ローカーボクラブ
1月教室でも、また新作登場 「クルミごま大福」
黒ゴマの炒りゴマ、錬りゴマ、くるみ と健康食材がぎっしり詰まったスィーツです。
くるみごま大福

大福の部分は、(   )+(   )+甘味料とお湯
(   )の食材とは・・・?
メンバーの間では、すっかり「餅粉」という呼び名になっていて・・
リーダー佐々木も えっ!餅粉・・・? ま~いっか。

このシリーズのスィーツも、
「はまって・・・はまって・・・しょっちゅう作ってます。」とのことです。

講義では、「糖質制限冬対策」として
冷えの対策、生姜の活用レシピもご紹介
その1:飲む生姜
その2:食べる生姜 もご試食いただきました。 
以外に好得点をいただきました。

「糖質制限を始める前には、こんなに、楽しい食生活は考えられませんでした・・・。」
メンバーーのTさんからいただいた、うれしいお言葉です。

★2月教室はお手頃食材の
卵とお豆(大豆製品) がテーマ
気になるコレステロール の講義もします。

スィーツの会 も好評開催中。
こちらの報告は次回に。(お楽しみに)





 
[ 2014/02/08 16:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)