fc2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

低糖タルト 全員合格!

20220709_135159.jpg
昨日は低糖タルト パート2
6月の会にご参加できなかった方とのアンコールレッスン
でした。

やはり難題のフォンサージュ に 悪戦苦闘
でも、お写真のように
ゴージャスな
セイボリータルト焼きあがりました!

基本の生地作り
型への敷き込み
素焼き そして 本焼き へ

長い工程ですが
低糖質のタルトがお家で作れるなんて・・・

10年前の私には考えられませんでした と
皆さん同様の思い のようでした。

ランチの後は
20220709_150017.jpg
昨日の会でも 大好評 でした。
「低糖 抹茶ラテ」
抹茶をたっぷり 使った
おとな の ラテ
今年の夏の 一押しドリンク! です。

次回のワークショップでは
○○○のラテ をご紹介 です。

~次回7月のワークショップについて~
近日中にご案内 募集開始予定です。
日程は7月30日

まずは今回の「セイボリータルト」
復習をしっかり・・・
頑張りましょう!
20220709_135219.jpg
スポンサーサイト



[ 2022/07/10 14:26 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)

低糖タルト ついに完成!!

20220618_124409.jpg
お写真は 
低糖・グルテンフリー タルト(ホール版のセイボリータルト) 
甘いスィーツタルトではなく
オードブルタルト です。

先週25日の会で
皆さんに挑戦していただきました。

難題のフォンサージュ
(生地の敷き込み)
やはり難題でした・・・が、
皆さん頑張りました。

20220625_122521.jpg
こちらのお写真は
ローカーボクラブのアイドル的存在
○○君 作成中のタルト
素晴らしくきれいな フォンサージュ

ご参加の皆さん
根気よく丁寧に敷きこんで
最終的には全員合格!!
でした。

20220625_124730.jpg
素焼きのタルトに糖質の少ない食材をのせて
アパレイユを流し込み
もう一度オーブンへ
美味しいタルトが焼き.あがりました。
20220625_130450.jpg


25日の会
ご参加のメンバーさん
猛暑の中、お疲れさまでした。
宿題、復習も頑張ってくださいね。

7月9日の会(同内容)ご参加のメンバーさん
頑張りましょう!


[ 2022/06/30 12:50 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)

低糖タルト その1 のご報告

20220529_145651 (1)
ローカーボクラブ 朝霞
5月のワークショップ
28日の土曜日 開催致しました。

ご参加いただきましたメンバーの皆様
お疲れさまでした。
早速 すばらしい復習レポも届いております。

5月から3ヶ月予定ではじめました
低糖タルト 講座
まず初回のテーマは
基本の生地作りの工程を学ぶ です。
お写真は、ビギナーさん向けの簡単タルト

生地を伸ばして、マドレーヌ型で抜いたもの 
これを焼き上げてタルト台に。

お写真は、作り置きのおかずををのせて
ミニサイズのセイボリータルト(おかずタルト)にしたもの。

フォークでオードブルをいただきながら、
食べやすいバランス のところで
タルト台とともにいただきます。
サックサク のタルト + 美味しいオードブル の組み合わせ
ランチとしていただきました。

20220529_144231.jpg
こちらは「アンチョビオリーブのカクテルサラダ」
昨年末のクリスマスオードブル としてご紹介したもの。
材料を混ぜ合わせるだけの簡単オードブル をのせています。

20220529_144156.jpg
舟型のタルトにのせているのは
「エビとブロッコリーのタルタルサラダ」
茹でたブロッコリーは、細かく切って混ぜています。

20220529_144856_2.jpg
こちらはリエット
こちらもクリスマスオードブルでご紹介したもの。
クリスマスでは低糖パンをラスクにしたものにディップ。
タルトにも◎◎おススメ!です。
ある程度の厚みのある生地に(タルト台)すると
食べ応えも◎

生地作りをマスターして
ミニタルトで練習
そして、
★ホールタルト にも挑戦!

この生地を使っての ★クラッカー
★スィーツタルトへの応用
★クッキーへのアレンジも・・・

★は今後の予定です。

メンバーの皆様、頑張りましょう!
まずは今月の復習から・・・




[ 2022/05/30 12:21 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)

今日もふんわり・・・

20220317_105333 (1)
お写真は 低糖・グルテンフリー な ワッフル
本日は3月のワークショップ・ワッフルの会 
のアンコールレッスンでした。
ご参加くださいました皆様、お疲れさまでした。

ワッフル楕円形への絞り出し に
前回のメンバーさんもそうでしたが、
今回の方々も悪戦苦闘・・・
でも
ふんわり焼きあがりました。

お家で復習していただければ
きれいな形に焼けますから、
頑張りましょう!

そして、今までにご紹介してきたクリームを挟んで
20220315_182252.jpg
こちらはクランベリーの酸味が味わえる
ベリーチーズのクリーム

20220315_182401.jpg
本格的なガナッシュから仕上げた ショコラクリーム
そして
今回新たにご紹介した
小麦なし、コーンスターチなし
で、もちろん低糖・グルテンフリー の カスタードクリームも挟んで
至福のスィーツタイムを楽しんでいただきました。

*レンジで作る
*鍋で作る 
どちらも復習して自分好みのカスタードクリームに仕上げて下さいね。

そしてこちらも好評でした。
アレンジ版・お食事向け
チーズスフレ・パンケーキ風
20220219_153630 (1)
パルメザンチーズをたっぷり加え、甘味を控えて焼き上げました。
絞る 工程をスキップしていますから
簡単、短時間でできることもあり、
とっても高得点!!の評価でした。

どれも作り置き・冷凍保存◎
日々の生活にご活用くださいね。
[ 2022/04/10 18:13 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)

3月のワークショップ おさらい・その2

20220317_105333.jpg
お写真は、低糖・グルテンフリー の ワッフル
本日も前日に引き続き
3月のワークショップ の おさらいポイント! です。

20220302_090818.jpg
こちらのお写真は、カスタードクリーム
今回のワークショップでは、
全卵で作る粉なし の カスタードクリーム に挑戦。
まさに低糖・グルテンフリー の カスタードクリーム です。

卵黄のみで小麦粉、コーンスターチ などの粉類が入る
一般的なカスタードクリームとは違い難しい のです。

耐熱ボウルでの作り方(レンジ使用)
鍋での作り方(ガス使用)
それぞれの作り方のコツ しっかり学んでいただきました。

20220306_112617.jpg
難しいのは仕上がりの見極め。
ちょっとゆるめのクリームで仕上げてしっかり冷やす。
ツヤ感 がある状態。
火を入れすぎると艶やかさがなくなって、
ぼそぼそ の いり卵? っぽい 仕上がりになってしまいます。

クリームの濃度(かため・ゆるめ)は個々の好みで調整しながら、
仕上げてください。

そして、今回のワッフルに絞るカスタードクリーム としては
20220317_101005.jpg
ふんわり感のあるカスタードクリームにすることがおススメ!ですので
冷やしたカスタードクリーム と ゆる~く泡立てた生クリーム を合わせて
クレーム・ディプロマット(ホイップカスタード)に。
カスタードクリーム と 生クリーム の割合は
個々の好みでよいのですが、2:1くらいにしています。

20220317_103015 (1)
絞る・・・というより
クリームをふんわりのせる、挟み込む 感覚で。
20220317_104944.jpg
こんなイメージで・・・
絞り方は丸口の絞り口金を使用するのがベスト です。

今回ご紹介したカスタードクリーム。
今後に予定している新たな低糖スィーツへの活用範囲 大 ですので、
しっかり復習してマスターしてくださいね。
[ 2022/03/17 12:00 ] 教室のご報告 | TB(0) | CM(0)