FC2ブログ

ローカーボクラブ

美味しく楽しい食生活をモットーに、糖尿病やダイエットの新しい食事療法として注目されている糖質制限食の学習をしているクラブです。

今年もこの季節

ゆずジャム② (360x640)
今年もこの季節
早いもので今年のカレンダーも残り1枚・・・季節は冬へ
デパ地下、スーパーはクリスマス、おせちの年末商戦になっています。
そして、今年も冬の手仕事
これを仕込む季節になりました。
先日勤務先のクリニックのスタッフさんから
「ちょっと早いのですが・・・」とご自宅の庭になっている柚子を頂きました。
あざやかな黄色(レモン色)の柚子で、きれいな「柚子ジャム」ができました。
5~6個で2瓶、Sサイズの保存袋1袋分と、
たっぷりできました。家中、柚子の香りに・・・
我が家の教授も「プレーンヨーグルトの柚子ジャムのせ」をよく食べていますので、
今年のできばえを早速チェック
色◎、味◎ の合格点をいただきました。
お正月シーズンは柚子のお値段も高額になりますので、
お手頃価格の時に買い込んで、一年分をせっせと仕込んでくださいね。
ゆずジャム (356x640)

柚子とはいえ果物、糖質量も気になるところですが、
甘味料で作り、ジャムとしての少量使いであれば
糖質摂取量を大きく増やすことはありません。
甘酸っぱい、フルティーな味わい・・・
女子には欠かせないお味のひとつ
昨年から柚子ジャムつながりで「柚子塩」も作っています。
「レモン塩」が数年前から人気でしたので、柚子版を仕込んでみたところ、
いろいろなお料理に活用できて、お味のバリエーションが増えました。
酸味と香りで減塩効果も
季節の食材、上手に活用していきましょう。

スポンサーサイト

低糖ガレット

ガレット (360x640)
休日ランチの定番 低糖ガレット
おきかえレシピ P71.73 に掲載しています。
粉類は万能合わせ粉(大豆粉 と グルテン)とブラン(ふすま粉)ですが、
ブランが嫌いという方は、大豆粉メインで焼いても、
美味しくいただけます。

粉類があれば、卵と塩、油脂でベースの生地は簡単にできます。
包み込むものは、卵とハムとチーズが定番ですが、
ハムは普段買わないので、ツナ缶にしたり、チキン(鶏ハムの作り置き)
などにしています。
卵を2個にしてたんぱく質強化!の時も。
チーズは我が家の定番のチーズ
「アジアーゴ」をたっぷりとすりおろして
生地で包み込みます。
四角にきれいに包み込もうとしないで、
手前と奥からの2方向のみ、折りたたむ・・・
これでも十分です。
蓋をして蒸らして、卵が程よい半熟加減の時が食べ時・・・でしょうか?
ナイフで切ると とろ~り! (340x480)

我が家の教授も大好きで、ガレットを焼くとニコニコ・・・しています。
このガレットにあわせるサラダは、
リーフとスプラウトのサラダが定番
ドレッシングはオリーブ油やMCTオイル、ワインビネガー、ハーブソルトなどで
シンプルにささっと作って。

水切り豆腐を手でちぎり、サラダの上に加え
ごまドレで食べる「和サラダ」も
ボリューム感が味わえて、食いしん坊さん・・・にはおススメです。
サラダもマンネリにならないように、工夫してみましょう。

朝食やランチに「低糖ガレット」 & サラダ いかがでしょうか・・・

新商品のご案内 その2

ポン酢で煮るだけ (360x640)
お写真は「鶏肉の甘酢煮」
鶏肉のさっぱり煮 として広く知られているメニュー
ポン酢で煮る簡単なメニューとして人気です。

ポンス酢は醤油よりも塩分が少ないからいい・・・とか
酢が入っているから体にいい・・・などで、
1回あたりの使用量が多くなりがち。
糖質量が気になるところです。

ポン酢くらいは普通のもので・・・
という方も多いようですが、例えば鍋物を食べるときには、
何度もポン酢を追加しながら食べているかと思います。
さて、あなたのポン酢からの糖質摂取量は・・・?

大さじ1杯あたりのポン酢の糖質量は1.5g前後
大さじ1杯 2杯 3杯・・・
塩分摂取も気になります。
(一般的なポン酢の塩分量 大さじ1杯で塩分1g)

お写真の「鶏肉の甘酢煮」は、
先日ご紹介した日の出みりんの仲間
日の出糖質オフ (640x360)

日の出 低糖、減塩のポン酢
日の出 ①糖質0酒 ②みりん ③ポン酢 (日の出 シリーズ・・・?としましょう)
あとはお水を加えて、コトコト20分煮たものです。
いいお味です。

美味しい低糖版の「鶏肉の甘酢煮」
1本2・3・4・5本と、またたく間に無くなりました。
大容量(大きなパック)の手羽元を購入して、
大鍋で煮て、我が家の作り置きおかずへ「仲間入り」です。
冷凍もできるので、あと1品欲しい時、
お弁当にも使えておススメ!
もも肉、胸肉に変えたり、豚肉の塊でも美味しい煮豚に。
次回はゆで卵を加えて、味付け卵にして盛り合わせようと思います。
彩にブロッコリー、青梗菜などを添えて、
メインにもなるおかずです。

来月の我が家で開く
恒例のホームパーティー(ただの大宴会ですが・・・)に向けて
今から作って冷凍です。

低糖ポン酢 安心していただける貴重な調味料として、
我が家のキッチンでもマストアイティムです。
 

我が家のおでん

韓国風おでん
我が家の「おでん」 です。
日に日に気温が下がり、煮込み料理がおいしい季節です。
前々からお伝えしていますが、おでんの注意点
練り物を控えること
一般的な「おでんだね」に頼らず、
このような材料構成で作ります。
お味は和風、ピリ辛韓国風 などで楽しんでいます。
食材の中心は大豆製品と卵、タコや牛スジ、塊肉・・・
これに、結び白滝、こんにゃく、昆布、大根、
最後に青梗菜やブロッコリーも彩かつ緑野菜強化!として
加えています。
韓国風おでん②
牛スジ、塊肉は圧力なべ を活用すると、
時短で美味しくできます。
我が家でも、これからの季節は「圧力鍋」の登場回数が急増します。
お持ちの方は、是非活用してくださいね。

使える!作り置き

作り置き (360x640)
お写真は、中華レッスンでご紹介した「麻婆豆腐」の肉みそ です。
我が家の定番の作り置きものです。
常に冷凍してストックしています。
19時過ぎに帰宅する生活なので、仕込みは欠かせません。
土日は仕込みの日 です。

1回分の仕込みに使う挽肉は400g
にんにく、生姜、ねぎのみじん切り
豆板醤他味付け調味料は、麻婆豆腐のレシピと同じで分量を増やします。
(肉の量に合わせて調味料の割合を増やします)
麻婆豆腐 → 麻婆なす → 麻婆ピーマン → 麻婆ズッキーニ → 麻婆胡瓜
 → 麻婆きのこ →麻婆オクラ → 麻婆大根 → 麻婆白菜 → 麻婆キャベツ
→ 麻婆チンゲン菜 → 麻婆厚揚げ もありました。
このように無限大で展開できる、麻婆豆腐の肉みそ
これからの季節には、坦々鍋のベースに、
そして、糖質0g麺で作る担々麺 への応用も

季節の野菜や低糖質の食材と組み合わせて、
レタスやサラダ菜などで包んで食べるのが定番。
夏には大量の胡瓜やピーマン、ズッキーニ 
秋、冬には大量の大根や白菜をいただくので、
糖質量を考えながらですが、家族が好きなこともあり「麻婆メニュー」
我が家の定番です。

中華レッスン ご参加の皆様、
アレンジ麻婆 是非チャレンジを!